クリニックご紹介

しばた歯科の想い
どんな症状でお悩みですか?
患部の説明をする柴田院長 1.治療に入る前の「カウンセリング」を大切にしています。

当院では治療前に必ずカウンセリング行い、患者さまのお口の中の環境や症状、治療に関するお考えをヒアリングしております。

患部の説明をする柴田副院長 2.患者さまと一緒に「治療計画」を立てます。

患者さまのライフスタイルやご希望に合わせて、治療計画を患者さまと一緒に立てていきます。

ブラッシング指導中の歯科衛生士と患者さん 3.「わかりやすい説明」を心がけています。

治療方法のメリットとデメリットは、できるだけ解りやすく説明し、義歯などは使用する素材や今後のお手入れ法など、ご納得いただいた上で治療を開始しています。ご不明点がございましたらご質問ください。

手術中の歯科医師 4.「清潔で安全な診療」に細心の注意を払います。

安心して治療を受けていただく環境作りは、歯科医療の基本です。治療に使用する器具は全て滅菌処理を行い、使い回しの無いよう、できるだけ使い捨ての製品で対応しております。

ブラッシング指導中 5.「長期的なお口の健康」を考えます。

むし歯や歯周病を治すだけが歯科治療ではありません。
当院では、定期健診と予防歯科、入れ歯調整、訪問歯科など患者さまのライフパートナーになれるよう、長期のメンテナンスも視野に入れた対応をしております。

歯科衛生士と患者さん 6.「こころの負担を減らす」治療を目指しています。

治療にあたる際に「痛みに弱いです」とおっしゃる方も増えました。その気持ちにできるだけお応えしたいと思います。

クリニーング結果を説明する歯科衛生士 7.「患者さまの目で見る」安心をたいせつにしております。

鏡で見ただけではわからない細菌の様子も、口内の細菌を顕微鏡で観察しモニターに再現、その様子をご自身で確認して頂いております。

            

痛み、腫れ、しみるなどの症状でお困りの方 奥歯が痛い女性

痛みが出たら、かなり進行している場合がほとんどです。痛みがなくても不快感や違和感を感じたり、しみるなどの症状がある場合は、できるだけ早めにご来院ください。

詳細はこちら
歯とお口の中の健康について気になる方 新品の2本の歯ブラシ

ていねいにブラッシングしても、汚れや歯石はたまります。食生活の変化も加わり、むし歯や歯周病にならないためにも、予防を考えた定期メンテナンスの重要性は大きなものです。

詳細はこちら
歯ぐきの痛み、ぐらつき、口臭、出血が気になる方 両方の奥歯が痛い男性

痛み、歯の揺れ、出血などの症状にあわてて来院されるケースが多数あり、そのほとんどの方が歯周病です。予防で発症を止め、早期治療で進行を遅らせることができます。

詳細はこちら

しばた歯科よりご挨拶

院長 柴田達美 副院長 柴田暁晴

院長より
昭和30年代に、父が開業していた頃から、来院頂いている患者さまもいらっしゃる中、柴田歯科として、昭和54年1月に開業、以来35年間を可児市下恵土の地で、多くの患者さまの信頼を頂戴してまいりました。
2012年4月からは、時代のニーズに応える新しい技術を持った副院長と、親子診療=専門医二名体制を生かして診療させていただいております。


副院長より
歯周病治療のベテランでもある歯科医師の父と、口腔外科を学び、新しい歯科治療を手掛ける私、この2人がいる歯科医院です。
時々は、意見が分かれることもありますが、二人でそれぞれの分野をより掘り下げ、お互いの知識と技術をリンクさせれば、きっと専門医4人分以上の歯科医療を、患者さんにお届けできるように感じています。

一人でも多くの患者さまが、ご自身の歯で喜びのある生活を営んで下さったら、それはとても素晴らしいことと感じます。
そして、そんな地域の皆様のお役にたてる柴田歯科を作り上げていこうと、父の隣で考えています。

院長 柴田達美 副院長 柴田暁晴



 

車椅子用のスロープ有り

車椅子を押す介護士

歯科医院の入口は、車椅子でも入れるようにスロープを設置しており、バリアフリーになっています。
勿論、ベビーカーでも通りやすいようにしてなっています。

施設入居者の方には訪問対応も行っております。どうしても外来処置が必要と判断した場合は、1度で処置が終わるように配慮を行っております。詳細は、訪問診療のページをご覧ください。

英語での診療説明可能

サポート

日本語と英語を話せる歯科医師が在籍しているため、治療説明を英語で行うことが可能です。