しばた歯科ブログ

2015年2月12日 木曜日

お子様の歯は保護者が守ってあげてくださいね

日本人は長生きです。
自分の歯で、美味しいものを食べ健康に長生きしたいですよね。
そのためには、幼いころからの歯のメンテナンスが重要です。

お子様の場合、乳歯は永久歯に比べて柔らかいので虫歯になりやすく、ひどい場合は次に生えてくる永久歯に影響を与えることがあります。
岐阜県、可児市にあります当院では、小児歯科を設け、お子様自身のブラッシング指導はもちろん、仕上げ磨きをする保護者の方にもブラッシング指導を行っております。

虫歯にならないためには、甘いジュースやお菓子のだらだら食べを控えることや、しっかりとしたブラッシング、また、定期的なメンテナンスでお口の中をチェックすることが重要です。
保護者の方は、お子様のお口の中をしっかりとケアしてあげてくださいね。

投稿者 しばた歯科