しばた歯科ブログ

2015年7月22日 水曜日

予防歯科でいつまでも自分の歯を維持しましょう

虫歯や歯周病は歯を失う原因のトップ2です。
いつまでも自分の歯を維持するには、この2つにかからないことが重要になりますが、これを予防歯科といいます。

予防歯科というのは、口内環境を定期的にチェックして、虫歯や歯周病になるのを防止します。
歯石がついていれば歯のクリーニングを行い、歯磨きが正しくできていないようならブラッシングの指導もします。
体に定期検診があるように、歯の健康診断も行うというのが予防歯科の考え方です。

虫歯や歯周病が怖いのは、知らない間に進行していることです。
特に歯周病は、気づいた頃には歯を失うほど進行していたということが少なくありません。
いかに早期発見するかがポイントになってきます。

岐阜県可児市にお住まいの方でしたら、ぜひ当院にご相談ください。

投稿者 しばた歯科