しばた歯科ブログ

2015年9月 3日 木曜日

小児歯科から訪問歯科まで幅広く対応しております

歯を磨いていたら血が出たり、少しぐらぐらしている歯があるので、反対側の歯で噛むようにしている方はいらっしゃいませんか。
それは歯周病が原因かも知れません。
歯周病は初期段階では自覚症状がほとんどなく、今では高校生以上の方で罹っている方が多く、歯を失う主な原因ともなります。
歯周病には早期発見で早期治療が効果的ですので、痛みがなくても定期検診での予防歯科をお勧めいたします。

その他、小児歯科では丁寧なブラッシング指導や、様々なメリットがある小児矯正も行っております。
お子さまの歯のことで気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

岐阜県可児市の当院では、ご来院が困難な患者様への訪問歯科も行っております。
お口のトラブルや不安があればお気軽にご相談ください。

投稿者 しばた歯科