しばた歯科ブログ

2017年8月20日 日曜日

第4回大阪SJCD レギュラーコース

初日はmodifed widman flapの模型実習があり、歯周外科の基本を学びました。
切開線の設定、メスの入れ方、器具の使い方垂直マットレス縫合、水平マットレス縫合、単純縫合の術式の基本を学びました。
午後からは有茎弁移植、遊離弁移植を作成して付着歯肉を増やしたり、作ったりする模型実習がありました。
2日目は骨切除を伴うアピカリーフラップの模型実習がありました。部分層弁と全層弁の違いや部分層弁を形成する勘所をつかむことができました。
午後からは豚の顎骨を用いた実習があり、アピカリーポジションドフラップ、根尖側移動術、遊離歯肉移植術を行いました。
骨膜の扱い方など、実際のオペの感覚がつかめました。

pic20170820232001_1.jpg

pic20170820232001_2.jpg

pic20170820232001_3.jpg

投稿者 しばた歯科 | 記事URL

2017年8月 6日 日曜日

第29回名古屋SJCDオープン例会

本日はウインク愛知で第29回名古屋SJCDオープン例会に参加しました。
午前中は会員発表があり、審美性を考慮したパーシャンデンチャー補綴症例、審美性を考慮した前歯部のインプラント症例、午後からは北海道の千葉豊和先生からデジタルデンテストリーの講演を聞きました。
digital imprression光学印象、まだ100パーセント信頼できないということで、
guided surgeryはいける 第四世代は光学印象とCBCTのデータを3Dプリンタで吐き出す
一日でカスタムアバットメント、プロビジョナルレストーレーション、低侵襲のオペができるとこまで臨床応用できてるという内容でした。
digital implant impression
特に前歯部の印象が簡便になる
デジタル技術の発展のスピードが速すぎて、柔軟な頭で受け入れつつ、できるとこ、できないことを明確にしなければいけないと感じました。

pic20170806164438_1.jpg

投稿者 しばた歯科 | 記事URL