しばた歯科ブログ

2017年10月29日 日曜日

顎顔面矯正治療法ベーシックコース

今週末は名古屋で黒江和斗先生主催の顎顔面矯正治療法ベーシックコースに参加しました。ぼく達大人もそうですが、現代人は歯が大きくなり顎が小さくなる傾向にあります。特に子供はその傾向が強くなっています。そのため、歯並びがガタついたり、歯が生えてこなかったりします。子供のうちにそのような傾向がわかれば、顎の骨の成長を促してあげることで歯並びが悪くなることを未然に防ぐことができます。この治療は子供のうちしかできません、大人になってかただと成長の余地がないため、歯を抜いてブラケット治療をすることになります。
また黒江先生によると顎の骨の成長を促すことで、鼻の通りがよくなり、正しい呼吸法が身につくようです。睡眠時無呼吸症候群という症状が注目されています。いびきをかいたりするのが代表的な症状です。熟睡できないため身体の疲れがとれないそうです。正しい呼吸が身につけば、熟睡でき、睡眠時無呼吸症候群が軽快されるという講義をされていました。上顎急速拡大装置(ハイラックスタイプ、fanタイプ)の実習が入り、勉強になりました。可児市、美濃加茂市、多治見市の歯並び、呼吸法に悩みがある小児歯科治療法をしばた歯科にも取り入れていこうと思います、

pic20171029102928_1.jpg

pic20171029102928_2.jpg

pic20171029102928_3.jpg

投稿者 しばた歯科 | 記事URL

2017年10月22日 日曜日

第6回大阪SJCDレギュラーコース

今週末は第6回大阪SJCDレギュラーコースに参加しました。初日は大臼歯の形成の講義と実習がありました。ただ削るのではなく解剖学的に、機能的に形成することを学びました。一本の歯を時間をかけてじっくり考えながら削ることはひさびさだったので、明日からさっそく活かしていこうと思いました。
2日目は削ってた模型にプロビジョナルレストレーションを作成する講義と実習がありました。こちらも解剖学的、機能的に考えたものをじっくり作成し、ひとつひとつの行程と手技の丁寧さが大事であることを改めて感じました。
夜は大学の同級生と10年ぶりに会い、昔話からいまの近況までいろいろ話し、刺激を受けました。
明日からまた新しくなった、可児のしばた歯科で、気持ちを切り替え、学んできた知識、技術を活かしていきたいと思います。

pic20171022180308_1.jpg

pic20171022180308_2.jpg

投稿者 しばた歯科 | 記事URL