HOME > インプラント
インプラント

むし歯や事故で失った歯を、人造の歯根とクラウンで回復させる方法です。

永久歯は抜けると、二度と生え変わりません。

今までは『入れ歯』『ブリッジ=かぶせもの』で補てんすることが通常でした。
それぞれにいいところはありますが、いろいろ不自由な場合も多かったことは事実です。

『インプラント治療』の良さ

耐久性…手術で人工歯根を埋設しますが、その耐久性は10年以上と言われ、日々、耐久性が上がっています。
噛む力…あごの歯と一体化させるので、がたつきもなく自分の歯のように噛むことができます。クラウン部分を精密に作れば、天然の歯同様に、『第二の永久歯』とも言われます。

詳しい施術方法
インプラントの手術をしている柴田院長

 1  歯が抜けた後の顎の骨に、人工歯根(インプラント材)のボルトを埋め込んで土台を作ります。

 2  その上に人工の歯(クラウン)をねじなどで止め付けるという治療方法です。

インプラント治療が適したケース・おすすめの方

当院では、下記のようなお悩みの方にはインプラントをおすすめしています。
・入れ歯や義歯を入れたくない
・ブリッジにしたくない
・審美性を求めたい
・事故で歯が抜けてしまった、折れてしまった

    

          ネット予約