HOME > 入れ歯
入れ歯

毎日使うものだから、妥協せずにおつくり下さい。他院で作った入れ歯の調整もしておりますので、お気軽にご相談ください。

選び方と特徴

素材

コバルト・クロム床、PgA(白金)床、チタン床など、その基本部分の金属素材によって使用感が違います。金属床にすることで、支えとなる義歯床部分が薄くなり、違和感が減りますし、食べ物の温度が伝わりやすくなり、自然な食事感覚に近づきます。割れにくいなどのメリットがあります。

口の中のどこに、どういう装着の仕方をするか
歯の標本

アタッチメントデンチャーなどバネがないもの、装着部が簡素化され使い心地も改善されたもの、が多くあります。
またノンクラスプデンチャーは、義歯を掛けるバネ部分がピンク色の特殊な樹脂になっているため、より目立たない入れ歯になっています。

※部分入れ歯から総入れ歯まで対応しておりますので、症状・予算などお悩みに合わせて、入れ歯・義歯をご提供させていただきます。

ご希望の治療法がある患者さまへ

個々のご希望をお聞きし、保険内の治療にも誠実に対応しております。
又、アレルギー体質などの関係で特殊な義歯材料や処置方法をご希望の方も遠慮なくご相談ください。

このような症状の方はご来院をおすすめします

◆入れ歯・義歯をお持ちの方の場合
 ・噛むと痛みは走る
 ・入れ歯を入れても食べ物が噛み切れない、噛みにくい
 ・バネがかかっている歯の歯茎が腫れる
 ・バネがかかっている歯がグラグラ揺れる
 ・入れ歯をしてから頭痛や肩こりなどの症状が増えた

入れ歯が合っていない可能性が高いので、調整していただくことをおすすめします。

◆入れ歯・義歯をお持ちでない方の場合
 ・歯を複数失っている
 ・歯が無いため、食べ物が食べにくい
 ・インプラントだと料金が高い

入れ歯によって、お悩みを解決できる可能性があるので、ご相談を承ります。

入れ歯を必要とされるご家族をお持ちの方へ

喜ぶ老夫婦

入れ歯の装着を、ご自身でしにくくなった高齢者のかたや、いろいろなことが認知できない方も、入れ歯は生活必需品です。あごや頭を噛むことで正しく支えると、血行が妨げられず、老化の進行が穏やかになるとも言われます。
今現在、ご健勝のご両親やご家族の『入れ歯』について、将来的にお世話をする可能性が少しでもおありなら、ちょっとだけでもその方の『入れ歯』の相談にのってあげてみてはいかがでしょうか?

入れ歯がきちんとしていると、自分で立ったり歩いたりする意欲も出て、自尊心の確立などが保たれ、お世話も軽度で済む可能性もあります。
大事なご家族の、大事な歯を一度見直して差し上げてください。

    

          ネット予約